sdgs-header-1.png
sdgs-header-2.png

【この映画の収益のすべてを福祉活動に使用します】

sdgs-2.png

この映画を通してペットへの意識を高めることでペットを保護する里親が増え、売れ残った犬や猫が餓死させられている現状を減らします。

sdgs-3.png

この映画の活動を実践することでペットの健康のために必要な食事や運動などの生活習慣が見直され、家族の一員であるベットの健康寿命をのばします。

sdgs-5.png

この映画を通して、ペットを飼われる前の心構えとしてペット業界の現状を知ってもらい、幸せになる命を増やします。

sdgs-8.png

この映画の活動を実践することで導入した地域には旅行客が増え、経済効果が生まれます。

sdgs-11.png

この映画の活動を実践することで実践する地域への居住者が増え、まちが活性化します。少子化対策にもつながります。

sdgs-12.png

無理な繁殖が行われない状況にするためにこの映画の活動を実践することで、ペット業界の関連会社、ペットを飼われる人の意識を高めます。

sdgs-15.png

この映画の活動を実践することにより空き家を活用しようとする動きが生まれます。まちの空き家問題を解決していきます。

sdgs-16.png

この映画を通して、命への尊厳を今一度考えることで私たち人間の命の価値も高まります。そして、今よりも幸せを感じることのできる社会に繋げます。

sdgs-17.png

この映画を通してこの映画の活動を実践し、ペットに関わる方、ペットに興味のある方、ペット愛護先進国の方々の力もお借りしてペット愛護先進国の仲間入りができるようにします。そして現在の日本と同じ境遇にある国への見本となり、多くの国で幸せな命が溢れるような世界を目指します。

sdgs-4.png

この映画を小中学校の授業に導入、原作漫画を図書室へ導入することで、命への価値が高まり、私たち人間の幸福度や命への価値観にまで影響を与えると考えています。そして、この映画を通して飼い主の意識を高めることで、ペットが最低限の躾のもと散歩やトイレなどのマナーを覚え、災害時でもケージのなかで避難できるようにします。